デリケートゾーンの脱毛やお手入れ、自己処理後のチクチク対処法!ハイジニーナVIOの施術やカミソリ、シェーバーでのかゆみ原因は

ミュゼ 自己処理

ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM)でハイジニーナ脱毛でVIOのお手入れを始めました、むぅです。

デリケートゾーンが生理中に蒸れなくなったのと、ショーツからムダ毛がはみ出る心配がなくなったのは、すごく嬉しいです。
ただ、自己処理後や施術後(お手入れ後)に毛が生えてきたばっかりのチクチクは、本当にツライ!!
痒くて痒くてたまらんのです。

そんなお悩みを少しでも解消すべく、対処法を紹介します♪

脱毛体験は3月で終了!

キャンペーンでミュゼ予約はこちら

Vラインなどのデリケートはカユミが出やすい

生えてきたばかりの毛は、まるで肌表面がプツプツ生えた毛でヤスリのような状態。

男の人の生えかけのヒゲを想像してみてください。
ジョリっとする感じなんとなくわかりますか?

また、自己処理(シェーバーやカミソリで剃る)をしたばかりの毛もチクチクします。

原因は、毛先が鋭くショーツに突き刺さったり、太くしっかりした毛なので折れ曲がって皮膚を押し込んだりするためです。

そんなチクチクの毛が、デリケートゾーンの肌とショーツの間で擦れます。
これがすっごくかゆいんです。

キャンペーンの脱毛でもあるVラインもデリケートゾーンの1つのパーツ。
ここも結構かゆみが出ます。

デリケートゾーンのVIOは皮膚がとても繊細なので、すぐに影響が出ますので、かゆみが出やすい方は是非これから紹介する対策をしてみてくださいね!

チクチクのストレスから解放されるには?

痒みのストレスを緩和するためには3パターンの対策があります。

☑️毛質を柔らかくする(毛を細くする)
☑️肌を保湿する
☑️ショーツを変える

毛質を柔らかくするには肌を柔らかくしたり、抑毛や脱毛を重ねることで効果があります。

今回は脱毛のチクチクを抑えるとのことで、脱毛以外の方法をお伝えしちゃいます。
毛質を柔らかくするには、抑毛効果のある保湿クリームがベストです。

私はミュゼの脱毛をする前は、ずっとニベア(NIVEA)やユースキン、オロナインなどを保湿として使っていました。
ただ、今の私のオススメは、断然ミュゼのミルクローション!!
08041603_59841c592d170.jpg
ミュゼ会員なら手軽に購入できちゃいます。

もちろんキャンペーンのみの申し込みの方も会員扱いになるので購入OK。
抑毛効果はもちろん保湿は完璧で、脱毛前後にも使えちゃう万能品です。

乾燥すると余計にかゆくなっちゃうので、日頃の保湿の肌ケアが大切です♪
ショーツ面でいうと、毛がショーツから突き抜けて擦れたり、毛が折れて皮膚が押されることでカユミが出ます。

以前、ミュゼには脱毛やシェーバー、カミソリでの自己処理の後に生えてきたムダ毛による、かゆみや突き出しが気になる人用のショーツが販売されていました。
現在は販売中止(廃盤)で購入できなくなった、チクチクノンノというムダ毛でチクチクしないショーツです。
o0312031213229700028.jpg
ミュゼインティメイトより1900円+税で販売されていました。


このパンティーは、デリケートゾーンの毛があたる部分がふわふわな素材で、ショーツを突き抜けることなく、柔らかく包み込んでくれます。

現在は販売しておらず、フリマアプリやオークションサイトなどに多数出品されていますが、衛生品ですし、保証はきかないため、できればあまり人の手に渡っていないものが良いかと思います。
では、どうすれば良いかというと、このチクチクノンノと同じように毛を包んでくれるような素材のパンツを選んでください。

例えば、コットン(綿)などのふわふわな厚地素材のショーツを選ぶと良いです。

私は、薄手のショーツを使っていた時より、ずっとかゆみが楽になりました。
これは手軽に気をつけることができるのでオススメですので試してみてくださいね♪

まとめ

脱毛の時や自己処理した時の堪え難いチクチクは、肌とショーツの生地がスレてできるかゆみです。

ハイジニーナなどのデリケートゾーンのお手入れでは、しっかりした陰毛を脱毛します。

ショーツを突き抜けるほど鋭利な毛が折れたり、皮膚に押し込まれることでさらに痒みが増すため、対策は2パターン紹介しました。
毛質=肌質を念入りな保湿で柔らかくする方法、そしてショーツを厚手に変更する方法です。

今からでも手軽に試せますので、参考にしてみてくださいね!

脱毛体験は3月で終了!

キャンペーンでミュゼ予約はこちら

タイトルとURLをコピーしました