ミュゼの脱毛は予防接種・インフルエンザの症状が治まっても要注意!血液検査の採血や献血など注射の予約がある場合は脱毛できない?

ミュゼ 注意事項

ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM)とインフルエンザの予防接種を天秤にかける時期、冬がやってきましたね。

冬になるとどうしても流行ってくるのがインフルエンザ。
大体12月から3月くらいまでメディアを賑わせてますよね。

ミュゼは予防接種などをしている場合、脱毛はできません。
前に脱毛していてもだめです。前後10日間は脱毛不可になります。

私も毎年、予防接種はしているもののインフルエンザにかかることが多くて悩んでいます。
4月には入学式や入社式で健康診断の血液検査が控えている場合もあります。

ミュゼの脱毛を考えている方は、そんな注射の前後も脱毛していいんだっけと疑問に思いませんか?
実際に問い合わせてきましたので、参考にしていただけると嬉しいです♪

残りわずか!全身脱毛体験は今月で終了!

<<ミュゼの脱毛キャンペーンの詳細はこちら>>

ミュゼの脱毛はインフルエンザの前後10日はお休み必須!

ミュゼのキャンセルで知らなかった人が多いのが、予防接種の前後に脱毛ができないということ。

最初のカウンセリングや注意事項などには、実はしっかり明記されています。
契約からだいぶ経ってしまうと気付かない人も多かったり。

皆さんの声にも、予防接種とかぶって無駄足になった人が多々見受けられました。
せっかくお手入れの予約してあったのに非常にもったいない!!


↓ミュゼの注意事項にもこのような記載があります。

インフルエンザの予防接種の前後10日以内にお手入れをすると、お手入れ箇所に関係なく発熱や腫れなどの症状が出る場合があります。予防接種の前後10日は予約を避けるまたはキャンセルをしてください。

実際に、予防接種の直後にミュゼの脱毛へ行ってしまい、腫れてしまった方もいるようです。

10日という日数はあくまで目安だと思いますが、きちんと守ってくださいね。

インフルエンザは潜伏期間2日ほどで感染してから1週間程度は感染力があります。
そのため、ミュゼでは10日という規定を設けて、肌の敏感な時期(免疫が下がっている時期)とサロン内感染予防しています。

インフルエンザに感染した場合も同様のことが言えるため、10日ほどは様子を見てから脱毛に行きましょう。

他の予防接種も基本的にはウイルスを体内に入れているため、前後のお手入れは控えた方が良いです。
気になる場合は、カウンセリング時または脱毛受付時にスタッフへ確認しておきましょうね♪

無料カウンセリングで相談する

ミュゼは献血などの採血や血液検査後の脱毛はOK!!

ミュゼのガイドラインでは、採血や血液検査などただ抜くだけの注射の後に脱毛するのは大丈夫です。
ただ、採血などで体調不良が起こるようであれば、お手入れは必ずお休みしてください。

ミュゼの問い合わせでは脱毛できるとのことですが、採血や献血も肌に注射を挿して、体内の血液を採るっているわけですから、体も皮膚も負担はかなりかかっています。
可能であれば、肌を休めるためにも3日程度はお休みすることをオススメします。

内出血や注射跡がある場合などもその部分を避けてのお手入れになるため、お手入れが全面的にできないのは、非常にもったいないです。

また、基本的には軟膏や塗り薬を含む薬の使用はNGとなっています。
主治医にもしっかり相談した上で、カウンセリングスタッフとぜひ相談してみてください。

まとめ

お手入れができない期間のおさらいをしたいと思います。

インフルエンザなどの感染症の発症や予防接種の場合:潜伏期間+感染期間のお手入れお休み
*インフルエンザの場合、前後10日
献血を含む採血の場合:翌日以降より脱毛OK
*肌を休める期間を取ることはできる限りした方が良い

ミュゼの脱毛は、注射ひとつ取っても予防接種と採血で随分と対応が変わることがわかりました。
これからしばらくインフルエンザの流行時期も続きますし、知っておくだけで今年の冬にも余裕を持った予約の対策ができますね♪

自分の体調をしっかりと見極めた上で、不安であれば主治医と相談した上で脱毛は行ってくださいね。
残りわずか!全身脱毛体験は今月で終了!

<<ミュゼの脱毛キャンペーンの詳細はこちら>>

タイトルとURLをコピーしました