ミュゼは蚊やダニなどの虫さされがあると脱毛できなくてキャンセル?刺されていても赤みや腫れがあってもお手入れできる状態を徹底解説

ミュゼ 注意事項

ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM)では、赤みが出たり腫れたりしたら脱毛を受けられないって、よく耳にしませんか?

今の時期に多くて特に注意が必要なのは、蚊とかダニによる虫刺されです。

私もよく刺されるのですが、ミュゼで脱毛できなかったなんてこと一度もありません。

虫に刺されていても、脱毛はできます。

初回体験が虫さされでできないと不安になる必要はないですよ!

ただし、条件がありますので今回の記事で紹介していきますね。

脱毛体験は3月で終了!

>>無料カウンセリングの予約はこちら<<

どのくらいの虫さされで脱毛できない?

虫さされで脱毛できるかは下のような3段階にわかれます。

① 脱毛OKなレベル

② シールまたは部分的にさけてお手入れOKなレベル

③ 脱毛ができないレベル

それぞれについて説明していきますね!

脱毛OKなレベル

脱毛ができるのは、もちろん正常な肌状態です。

虫さされの場合だったら、小さいものであれば、多少痕があったりしても赤みや腫れが収まっていれば大丈夫です。

ポイントは、腫れと赤み、ほくろくらい黒い跡じゃなければ脱毛できますよ!

シールまたは部分的にさけてお手入れOKなレベル

写真を載せますが、このくらい(赤みや腫れがある)の状態でしたら、ほくろと同じようにシール対応してくれます。

パーツ全部が脱毛できないわけではなくて、腫れて赤くなっている部分だけ脱毛できないイメージです。

かゆみでかきむしったりするのは厳禁ですよ。

赤みが広がり、数も多かったりすると、そこを避けてお手入れしなくてはならないので、場合によっては脱毛できませんと言われてしまうこともあります。

脱毛ができないレベル

全体に虫さされがまんべんなくできてしまっている場合や引っ掻いてしまって全体的に赤くなってしまった場合などは脱毛できません。

虫さされの薬など、塗り薬は少なくとも脱毛当日は使用しないでください。

思わぬ火傷などの原因になる可能性があります。

脱毛できなかったらそのパーツは1回分どうなるの?

ミュゼでは当日の肌トラブルで脱毛できなくても、パーツの契約を消化されることはありません。

1回分お休みという形で、次回またできなかった箇所を脱毛してもらえますので、キャンセルになっちゃったから、もう脱毛できないということがないので安心ですよ♪

だから、脱毛できるかわからないグレーゾーンでもとりあえず行ってみるっていうのもありですね!

>>肌状態もみてもらえるカウンセリング予約はこちら<<

虫刺されによる脱毛不可はデマなのか?

デマだとは言い切れないです。

それは、虫刺されの大きさや腫れ具合がわからないので判断できないからです。

ただちっちゃい虫さされひとつで、脱毛できないんじゃないかって不安になる必要はないですよ。

私の経験上ですが、赤みや腫れが引いた蚊に刺されは、通常通り脱毛でき、ライトを当ててもらえました。

ミュゼのサロンで確認してもこのくらいなら大丈夫ですよ〜と優しく言ってもらえたので、問題なかったです。

まとめ

これからの時期は、蚊やダニなどの害虫による虫さされが増える時期です。

気をつけていてもいつの間にか刺されてしまっているなんてことありますよね。

かきむしったりすると赤みや出血、腫れの原因になり脱毛ができなくなっちゃいます。

虫に刺されたら、冷やして塗り薬などを使ってミュゼのお手入れ当日までに治るようにまずはしてみましょう。

これからミュゼを始める方は、無料カウンセリングでもどの程度だったら脱毛してもらえるの?と気軽に聞くことができます。

カウンセリングと脱毛の日にちは別日ですので、まずは気軽にカウンセリングを受けてみてくださいね。

今月で全身脱毛と2年間の両わき+Vラインの脱毛キャンペーンが終了になってしまいます!!

迷っていたら、早めに申し込みしてください。

カウンセリングを予約するだけでキャンペーンが適用になります♪

脱毛体験は3月で終了!

>>無料カウンセリングの予約はこちら<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました