ミュゼの脱毛は性感染症になっていてもお手入れできるのか?サロンのシェーバーなどで性病がうつって病気になるリスクはある

ミュゼ 注意事項

ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM)で脱毛している最中、カンジダに罹患していまいました、むぅです。

自身が病気になってから、つい先日お手入れしたばかりだし、もしやサロンでうつったんじゃないか…とか、次の予約に脱毛できるのかな…契約が新規でできるのかなと不安になりました。

また、なかなか病気のことは口にしたくなくて、聞きづらかったのを覚えています。
その時に調べた内容やミュゼスタッフに聞いた内容が、今悩んでいる皆さんの参考になれば嬉しいです。

脱毛体験は3月で終了!

ミュゼ無料カウンセリングの予約はこちら

性病に感染していたらデリケートゾーンの脱毛はできない

特に注意事項になくても、薄々とはお手入れ出来ないだろうなぁとは思っていましたが、やはり脱毛不可でした。

理由も合わせて、おしらせしますが、感染してしまった場合は、直ちに脱毛はお休みするか、コンシェルジュデスクまたは無料カウンセリングで相談してください。
これから始めようと思っている方は、まず完治してから脱毛を開始することをオススメします。

■お手入れできない理由は3つ■

☑️性感染症は感染力がある
ミュゼでは体調不良の方のお手入れは基本的にはできません。
更に性病となるとサロン内で感染が拡大する恐れがあります。
自身のためにも他のお客さんのためにもお手入れは控えましょう。

☑️皮膚の状態が敏感になっている
皮膚が炎症を起こしていたり、ホルモンバランスが乱れていたりとお手入れで痛みや炎症が出る可能性があります。
また、乾燥している場合は脱毛効果が薄れることがあります。

☑️投薬や塗り薬での治療があるため

少なくとも完治するまで投薬や塗り薬での治療が必要となりますので、まずは完治させてから、サロンに復帰しましょう。

ミュゼのサロン内で感染の可能性はある?

ぶっちゃけ感染の可能性はあります。
どのサロンでも感染はないとは言い切れないのが実情です。

もちろんサロンでも衛生管理は徹底していますが、ベッド、照射機(フラッシュが出る機械)、シェーバーなどは使い回し品です。
お客さんごとに機材を変えることはできません。

毎回消毒しているものの、そちらからの感染ルートは完全に0(ゼロ)とは言えません。
絶対!!は確約はできませんので、どうしても気になる方は脱毛は控えるか、万が一のことを考えて医療脱毛をオススメします。

感染症などのアフターケアは脱毛の金額は高いですが、ドクターがいる病院や施設の方が安心ですよ。

主な性感染症の症状と潜伏期間紹介
梅毒
潜伏期間:3〜6週間
症状:赤のしこりやただれなどの発疹、リンパ節の腫れ、発熱など
淋菌感染症
潜伏期間:2〜9日
症状:自覚症状が起こりにくい。
性器クラミジア感染症
潜伏期間:2〜3週間
症状:自覚症状が起こりにくい。
性器ヘルペスウイルス感染症
潜伏期間:2〜21日
症状:外陰部の不快感、かゆみ、発熱、全身倦怠感、リンパの腫れ、疼痛、水泡や主要など
尖圭コンジローマ
一般に自覚症状に乏しいが、外陰部腫瘤、違和感、かゆみ、疼痛が淡紅色〜褐色の乳頭状、鶏冠状、あるいはカリフラワー状の突起が膣の皮膚表面に現れる。
性器カンジダ
潜伏期間:不定
症状:外陰部のかゆみ、異常なおりもの
参考:国立感染症研究所HP

脱毛に通っている最中異変が起きた。
サロンで感染した可能性が知りたい、どのくらいで症状が出るか気になる!!
そんな方はぜひ参考にしてください。

まずは、悪化させる前に早めに医師に相談してください。
女性は婦人科または泌尿器科、男性でしたら泌尿器科の医師が相談窓口になります。
パートナーが感染しているとうつる可能性ももちろんありますので、避妊はしっかり行い、どちらかの感染があればお互いに検査をしましょう。

まとめ

性感染症は本人が苦しいだけでなく、治療中はミュゼでの脱毛ができなくなってしまいます。

せっかく契約したのに…と思うかもしれませんが、自身の肌のためにも体のためにも、まずは治療に専念しましょう。

また、どのサロンでも共通ですが、機器からの感染リスクはあります。
安全管理や衛生管理はキチッとしたサロンですが、知識だけでも頭の片隅に入れておくだけでもいいかもしれませんね。

脱毛を始めるにあたって不安なことがある場合は、ぜひ無料カウンセリングで相談してみてください。
契約せずに相談だけしに行くのもOKですよ♪

すでに契約している方は、コンシェルジュデスクに電話相談するか、ミュゼスタッフに直接相談してくださいね♪

脱毛体験は3月で終了!

ミュゼ無料カウンセリングで相談する

タイトルとURLをコピーしました