ミュゼの脱毛は子宮や卵管、今後の出産・赤ちゃんへの影響はあるの?お手入れで内臓に影響があるから病気だと脱毛ができないって本当?

ミュゼ 注意事項

これから結婚したい願望があるアラサー独身女のむぅです。

ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM)は内臓疾患を持っている人や妊婦さんのお手入れは注意事項に禁止となっています。

ということは、ミュゼの脱毛は内臓にも影響するの?
赤ちゃんに今後影響があったらどうしよう…
そんな不安を解消しちゃいます♪

脱毛体験は3月で終了!

ミュゼ無料カウンセリングの予約はこちら

ミュゼの脱毛は内臓に影響なし!!安心の光脱毛!

ミュゼは光脱毛のSSC方式という脱毛方法で、ムダ毛のあるメラニン色素(黒い部分)に反応するライトを当てています。美容サロンなので、照射威力もそこまで強くありません。
しかもジェルとの相乗効果で脱毛効果が倍増しており、肌に優しい脱毛方法です。

ミュゼの脱毛方法
スクリーンショット 2018-03-27 16.11.17.png

あくまでも皮膚の表面のメラニンだけへのアタックになります。
しかも身体に影響のない可視光線であるため、内臓への影響はありません。

また、他サロンのレーザー脱毛やニードル脱毛も基本的には影響はないとされていますが、ニードル脱毛は神経損傷や血管損傷の事例が報告されています。
実際に皮膚に針を刺すので、痛みは比較的強いです。

損傷があると臓器への影響も心配になりますが、奥まで針が到達するわけではないので、あくまで安心とサロンでは提示されています。

ハイジニーナ脱毛などのデリケート部分は特に出産を今後考えている方は、子宮や卵管などに影響がないかなど心配になりますよね。
脱毛するのもサロン選びは重要で、安心できる医師またはスタッフがいる場所で施術してもらいましょうね!

なぜ妊婦さんや内臓疾患の人は脱毛できないの?

妊婦さんや授乳中のママの場合
ミュゼでは、妊婦さんや内臓疾患の人はお手入れ不可能となっています。
妊婦さんは、つわりだったり、体勢の負担など体調を崩すリスクとなることが多くあります。
またホルモンバランスが変化すると、肌トラブルや痛みを感じやすくなったり、脱毛効果が薄れる場合があり、自己処理もオススメできません。
生理や妊娠中のミュゼ脱毛はNG?知っておきたいカラダへの影響の詳細記事

内臓疾患は?
ミュゼサロンでは基本的に内臓疾患を持っている方のお手入れはできません。
内臓疾患といえど様々な病気があります。
まずは医師の意見を聞いて、脱毛できるか判断しましょう。
投薬治療や、実際に通院中の場合などホルモンバランスや影響がないと断言できないため、脱毛は控えた方が良さそうです。
ミュゼは病気やピルなどの薬を服用していたら脱毛できないワケの詳細記事
私も内臓疾患を罹患していた時は、お手入れはお休みしていました。
私の場合は肝臓で、リンパやホルモンバランスの乱れも大きく、主治医と自身の判断のもとしばらくお休みしました。
脱毛計画は無理せず、体調などを判断して行なってくださいね。
体調が万全の上で綺麗になりましょう

まとめ

ミュゼは病気だとお手入れはできません。

薬や皮膚が過敏になっている場合などを考慮し、医師と相談して脱毛をするか判断してください。
また、ミュゼの無料カウンセリングやコンシェルジュデスクでも相談に乗ってもらえますので、まずは医師に相談してから、ミュゼに判断を仰ぐとスムーズにいきます。

また、妊娠中や授乳中でもホルモンバランスの乱れや体勢に負荷がかかることから、脱毛することはできません。
休会などの対応も取れますので、合わせて詳細記事を参考にしてください。
体調を整えてから、ミュゼでツルスベの肌を手に入れてくださいね♪

脱毛体験は3月で終了!

ミュゼ無料カウンセリングの予約はこちら

タイトルとURLをコピーしました