ミュゼの脱毛効果を発揮するには夏こそ乾燥肌への保湿ケアが重要!紫外線のダメージは乾燥や黒ずみを引き起こしてお手入れができない

ミュゼ 効果

ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM)で夏までにつるつる素肌デビューをもくろむ、むぅです。

実は夏までの肌ケア(日焼け止めと保湿)ってすっごく重要!!
日頃お手入れするかしないかによって、脱毛の効果に差が出ることもあるんです。

これから暑さも日に日に増してきます。
今からしっかり肌ケアして、効率よく脱毛効果を上げて、夏に備えましょう♪

ミュゼの無料カウンセリングの予約はこちら
ミュゼプラチナム公式サイト
脱毛体験は3月で終了!

夏でも乾燥肌になりやすい

乾燥肌というと冬のイメージありませんか?
空気が乾いていて、肌もカサカサ。
ハンドクリームや保湿クリームが手放せない方も多いのではないでしょうか。

実は、夏も冬に負けないくらい乾燥しがちなんです。
その原因は紫外線によるもの!!

紫外線が肌にダメージを与えることで、赤みなどの炎症を起こしたり、ターンオーバー(肌の新陳代謝)が上手くいかず、肌トラブルの原因になります。

これによって発生するのが、乾燥、日焼け、くすみや黒ずみです。
どれもこれも脱毛の天敵で、お手入れが受けられなくなる原因になってしまいます。


しかも日焼けや保湿のケアを放置すると、シワやしみなど老化につながります。
せっかくキレイな肌を目指しているのに、それは嫌ですよね。
夏は汗もかき、潤っているようですが、乾燥しますので、お肌の保湿ケアはサボらず続けてくださいね。

いつから対策すればOK?紫外線の強い時期とは?

1年中日焼け対策をするのがベストではあるのですが、なかなかそんなこと出来ないですよね。
特にズボラな私は結構サボりがち。
まずは紫外線が強くなる時期は必ず日焼け対策と保湿をするようにしましょう。

紫外線が強くなる時期は?

紫外線量は3月後半からジワジワ強くなり、7月〜8月頃がピークになっています。
uvi_sap2017.pnguvi_nah2017.pnguvi_tsu2017.png
気象庁2017年データより

つまり今から対策しないと乾燥の原因になっちゃうんです。

夏で暑くて保湿はベタベタして嫌だなぁと思うかもしれませんが、このケアをやっているかやっていないかで脱毛には大きく影響しますので、しっかり対策をしてくださいね。

また、カサカサよりベタつきが気になる方は、もしかしたらインナードライ(隠れ乾燥肌)かもしれません。

インナードライの肌は、鼻の周りやアゴ、おでこなどが皮脂でテカテカ脂ギッシュなどに実際は乾燥肌という状態。
この場合、肌の油分をふき取ってしまうと逆効果なので、やはり保湿をしてあげるなど注意が必要です。

■インナードライの肌ケア■

☑️何度も洗顔したり顔を拭くなど肌の油分を取りすぎない
☑️強めの洗顔料やクレンジングを使わない
☑️ぬるま湯で洗顔をする
☑️保湿はしっかり行う

一見、オイリー肌(脂性肌)に思いがちですが、実は…乾燥肌ということがよくあります。

乾燥しすぎてもニキビや吹き出物の原因となることもありますので、自分の肌の見極めも非常に重要になります。

肌に少しでも乾燥している雰囲気があれば、まずは保湿をメインに日焼け止めなどの対策を行いましょう。

日焼け止めの効果を正しく知ろう!

ミュゼでもUVカットシリーズの保湿クリームが販売されています。

保湿と日焼け止め一度にできてしまうので、私と同じズボラさんにはうってつけの商品!!
もちろん市販品で日焼け止めするのもOKですが、ミュゼはお手入れの当日、日焼け止めの使用はできません。

照射のライトが上手く当たらずマダラになったり効果に影響が出る可能性があるからです。

ミュゼコスメの日焼け止めならお手入れの前後も使えるし、保湿も同時にできるので、当日のケアや日焼けを気にせずにすみますよ♪

スムーススキンコントロール UVブロックプロ(SPF50+ PA++++)
80g 税抜3500円

spf50.jpg
スムーススキンコントロール UVブロック(SPF30 PA+++)
80g 税抜3000円

spf30.jpg

どちらも水と汗に強いウォータープルーフですが、SPFとPAに差があるのみです。

肌が弱い方は低刺激で優しいものを使用するか、SPFとPAの値を低めのもので試すなど、肌と相談しながら日焼け対策をしてくださいね。

■SPFって?■

SPF(Sun Protection Factor)は、紫外線 B 波(UVB )のカット力を数値で表したものです。
20分程度の間に何も付けていない肌を基準に、日焼けが始まる時間をどの程度伸ばせるかがSPFからは分かります。
SPF50だと、20分×50=1000分=16時間40分です。この時間は日焼け止めの効果があると計算できます。

■PAって?■

PA(Protection Grade of UVA)は、紫外線 A 波( UVA )の防止効果を+の多いもの(強さ)から4段階で表したものです。

日常の買い物やオフィス仕事などであれば、外に出るときにしっかり塗りなおせば、SPFもPAも低いもので大丈夫です。

外回りでのお仕事やレジャーなどを多くする方は、SPFもPAも高いものを選んでしっかり対策をしましょう。
SPFとPAの知識をしっかり入れて、自分にあった日焼け対策をしてくださいね!

まとめ

これからの時期から夏にかけて、肌は紫外線にさらされる危険があります。

日焼け止めなどで紫外線対策をしないと肌へのダメージが蓄積し、乾燥やしみ、日焼けによる皮膚の老化を引き起こすことがあり、ミュゼでは肌トラブルを起こしたパーツのお手入れができません。

また、夏場も乾燥を非常に起こしやすく、皮脂が浮いていても隠れ乾燥肌の可能性も!

しっかり保湿して、夏までにツルスベ肌になれるよう、日頃の肌ケアを大切にしてくださいね。
ミュゼでの脱毛を今からやって、肌ケアをしっかりすれば、夏までに脱毛完了も十分間に合っちゃいますよ♪

ミュゼの無料カウンセリングの予約はこちら
ミュゼプラチナム公式サイト
脱毛体験は3月で終了!

タイトルとURLをコピーしました